• FORTH Innovation Method.jp

    企業や組織でのイノベーションを確実に進めるメソッド。

    その企業、その組織でしか生み出せないアイディア、コンセプト、ビジネスモデルが出現する。

  • About FORTH Innovation Method

    なぜ、FORTH Innovation Methodは企業のイノベーションを確実に進められるのか?

    「新規事業をおこせ」「新商品サービス開発だ!」「イノベーション事業部を作るぞ」と経営幹部がぶち上げても、なかなか成功しないですね。アイディアソン、ハッカソンなどなど、やってはみるけど、イベント的に盛り上がって終わってしまうことが多い。いろいろなツールや手法を導入するけど、やはり、上手くいかない。

     

    なぜでしょうか?

     

    どのツールも手法も、「組織の力学」を考慮していないからです。これは、大きな大きな欠点だし、企業文化、組織風土の問題は、組織にいるものにとっては、どうにもならない、自分を包み込む憂鬱さとも思えます。

     

    しかし、FORTH Innovation Methodはどうにもならないと思い込んでいる「組織の力学」の問題をしっかりと考慮しているのです。

     

    そして、イノベーションの初期のカオスを構造化し、5つのStepごとに必ずエビデンスが残るのです。

     

    みんなの意見、アイディアが、大切に扱われ、融合、統合されていくのです。

    Aというコンセプトは、共に歩む、CEOのもの、入社20年目の中堅、入社5年目の人のアイディアの結晶だったりします。

     

    あなたの組織でなければ生み出せない「イノベーション」が出現するのです。

  • FORTH INNOVATION METHODは

    他のイノベーションメソッドと何が違うのか?

    そのメソッドで本当にイノベーションは起こるのでしょうか?

    大企業で24年勤務し自らの特許発明から世界シェアトップのビジネスモデルを作り上げた私はいつもイノベーションのコンサルタント、メソッドや、ツールを観ると疑います。大企業に横たわるイノベーションへの抵抗を無力化するメカニズムはそのメソッドにありますか?そもそも、そのメソッドやツールを担いでいる人は大企業にいながら、世界的なイノベーションに成功した実績があるのでしょうか?FORTH INNOVATION METHODにはそのメカニズムが備わっているのです。それが私がFORTH INNOVATION METHODを推薦する理由です。(BMI協会理事三宅)

    Gijs Van Woulfen

    LinkedIn Innovation Excellence #2

    FORTH Innovation Methodを開発したGijs Van WoulfenはEUで著名なイノベータです。EU諸国、ドバイからそのメソッドを求めて、イノベーターが彼の元に集まっています。イノベーションの手法が数ある中で、組織の力学までもを考慮している点が優れています。

    イノベーションのカオスを構造化

    5つのSTEPでイノベーションは進む

    FORTH INNOVATION METHODの特筆すべき事は、イノベーションの初期段階のカオスを構造化したことです。5つのSTEP毎に必ずエビデンスが残ります。イノベーションの為にデザインされた意思決定プロセスがイノベーションを拒む組織のバイアスを推進力に変えてしまうのです。

  • 5STEP Innovation Process

    FORTH Innovation Methodはイノベーションのカオスを構造化し、

    イノベーションを遮る組織の力学を、イノベーションの推進力に変えてしまう。

    STEP1:

    FULL STEAMAHEAD

    コアメンバー、サポートメンバーを選出します。そして、そのメンバーで「イノベーションの使命」を描き出します。この体験は、その組織ならではの物語の出現の瞬間です。「なぜ、自分たちが存在し、集まったのか?何をするために?」それを洞察することは、かけがえのない体験になります。

     

    STEP2:

    OBSERVE & LEARN

    ポテンシャルを持つ将来の顧客を洞察し、観察し、実際にその人の話を聞き、本当の困り事を深く学んでいきます。この体験はとても重要です。イノベーションの失敗は、顧客の理解が浅い為に起こることが多いのです。本当に顧客が困っていることをしっかりとつかむことが大切です。

    STEP3:

    RISE IDEA

    FORTH Innovation Methodが最も盛り上がるのがこのステップです。1ポテンシャルユーザーの困り事を解決するためのアイディアを全員で創出していきます。このアイディはあなたの組織の暗黙知。組織がつながる源泉から出現するのです。

    STEP4:

    TEST IDEA

    創出されたアイディアを「イノベーションの使命」に照らし合わせ、選出し、コンセプトにまとめます。パンフレットを作成します。ポテンシャルユーザに評価、フィードバックをしてもらいます。その評価点からコンセプトを絞り込みます。

    STEP5:

    HOMECOMMING

    選出された複数のコンセプトを軸にビジネスモデルをデザインしていきます。チームはプレゼンのセッションを行います。最後に、経営幹部の前で磨き込まれたプレゼンをし、会社として投資すべきいくつかのビジネスモデルを選出します。

  • Our Works

    NTTグループ企業とベンチャー企業のオープンイノベーション

    川崎市の産学官のオープンイノベーションで実績が生まれています。

    川崎市産学官オープンイノベーション

    産学官のオープンイノベーションでビジネスが生まれる

    新川崎地区創造のもりに集う、東大、東工大、早稲田、慶応、日本IBM基礎研研究所、三菱ふそうトラック、長谷川香料社、創薬メーカなどベンチャー企業の産学官のオープンイノベーションで半年間のプロジェクトを実施。アイディアは800を超え、そこから、コンセプト6-8に絞込み、最後に3つのビジネスモデルを創出しました。川崎ならではの、そのメンバーならではのアイディアがあふれ出し、ビジネスモデルへと結晶化しました。

    NTTグループ企業とベンチャー企業

     

    NTT東日本・NTTクラルティ・オリイ研究所による、テレワークと障害者雇用機会創出

    平成28年4月12日(火)首相官邸政策会議 第7回一億総活躍社会に関する意見交換会 吉藤健太朗 株式会社オリィ研究所代表「在宅勤務ということでこの辺はつい先日、ニュースウォッチ9で放送されたものですけれども、今、NTTのグループでNTTクラルティとNTT東と一緒に障害の方はもちろん、例えば子育てをされている女性の方であったり、出張中の方がこういったロボットで参加することができないか。そういったテレワークのあり方も研究しております。」
  • Price

    ビジネスモデル創出のファシリテーション、メソッドの基礎を学ぶメニューです。

    FORTH INNOVATION METHOD 新規ビジネス創出コンサルティング900万円〜 

    FORTH innovation Methodで、20週間で、あなたの会社ならではのビジネスモデルを創出します。あなたの会社だからこそ、生み出せるビジネス。それはあなたの会社の社員が形成する”場”からしか出現しません。ビジネスが生み出されるだけではありません。溢れ出てくる叡智に社員自身が感動し、お互いを信頼し合い、協働、協創していく組織に生まれ変わるのです。これはかけがえのない経験になります。

    FORTH INNOVATION METHOD ベーシック講座 54000円/回〜 6回

    組織学習の手法を使ってFORTH INNOVATION METHODを構成する基礎的なツールやメソッドを習得していきます。

     

    (現在制作中)

     

    FORTH INNOVATION METHOD ワンデイ講座 54000円/回〜 

    1・なぜツールを学んでもイノベーションが起こらないのか?
    FORTH=宝地図+仲間
    ・現在抱えている課題
    ・FORTHメソッドとは?<書籍をテキストにしたイノベーション読書会の実践>
    ・実績と実例から学ぶ

    2・使命を共有せよ
    ・6つのWで方針決定ワークショップ>ロールプレイ
    ・相互フィードバック(Tops & Tips)
    ・あなたの使命を文章化する

    3・イノベーターは問題を発見する
    ・フリクションをあぶり出すフォーカス・グループ>ロールプレイ

    4・組織学習メソッドとしてのイノベーション読書会
    ・ツールを学び合い、同時に実践する
    ・全6回のプログラムで冒険の仲間をつくる
    ・自身の組織で実践するための計画づくり

  • Facilitator

    ヘルスケア・大企業・地方創生・ベンチャーなどの分野で活動するFaciiitator

    山本 伸

    日本初のFORTH INNOVATION METHODマスターファシリテーター

    多摩大学医療・介護ソリューション研究所シニアフェロー

    • 加速創造学習ファシリテーター
    • 大誠会グループ内田病院・非常勤講師(研修部長)
    • Toynon合同会社 代表

    『Business Model Generation』(原書)著者であり、当協会のシニアアドバイザーでもあるアレックス・オスターワルダー氏、イヴ・ピニュール氏と日本をつなぐ立役者

     

    大組織でゼロから新事業創出を実現するチームづくり=“We”nnovationというコンセプトを提唱し、グローバルで実績のあるビジネスデザイン手法を活用した組織開発と実践を続けている。シミック社内で展開中の共創ワークショップは18ヶ月で63回を超え、社内外異業種80社以上から延べ1,300名(おススメ度8.6/10)を動員中。組織(再)構築ファシリテーターとしてシミックグループ内のみならず協会理事、研究者など変幻自在に立場を変えながら、特にヘルスケア領域での異業種共創型オープンイノベーションを各組織で実践し続けている。

     

    静岡県生まれ。名古屋大学大学院工学研究科修了(博士)。スイスBasel免疫研究所Research Student、カリフォルニア州立大学サンディエゴ校医学部ポスドクを経てアカデミアから企業人へ転身。外資系3社16年間で研究、技術営業、事業開発など「サイエンス」でビジネスを支援する職務に従事。バイオと医療、そしてアカデミアと産業界、双方での経験から、ヘルスケア 医学領域に多数多層のネットワークを持つ。

     

    BMIAではヘルスケア分科会を担当しオープン・イノベーション研究会の運営・支援を行う。海外のベストセラー作家やメソッド開発者、イノベーション実践者などの国内招聘・イベント企画・通訳兼進行役の実績を重ねている。

     

    今後のテーマは「大組織でイノベーションを起こし続ける」メソッド開発。10年後の健康長寿社会に貢献する組織・ヒト・モノづくりを指向する。達成したいビジョンは、“老若男女誰もが失敗を恐れず「挑戦を続ける」ことが最も賞賛される社会の実現“。

    三宅 泰世

    現役NTTグループ企業経営幹部

    「三宅さんは、まさにマーケティング4.0時代のマーケッターを体現できているといっていい。マーケティング3.0は地球視点で社会課題を解決する、マーケティング4.0は自己実現を手助けするマーケティングのこと。三宅さんはいずれも満たしているからだ。今や、マーケッターの役割とは単に売上を増やすだけでなく、社会問題を解決し、個々の才能を引き出すことなのである。」

     

    2018年5月21日 日経MJ 「 神田昌典の未来にモテるマーケティング より」転載

     

    みなさん こんにちは 三宅泰世です。

     

    NTTグループ企業でマーケティング部門長を勤めながら一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会理事として、次世代のイノベーターやマーケッターの育成事業を運営しています。

     

    一般社団法人Read for Action協会認定 シニアリーディングファシリテーター

    FORTH Innovation Method公認ファシリテーター

    フューチャーマッピング・ファシリテーター

    アクセラメンツ・ファシリテーター

    などのライセンスを活用しています。

     

    東京都武蔵野市生まれ。

     

    1999年自らの特許発明品「光コネクタクリーナー」で企業内起業。ダイレクトマーケティングにより4年間で世界シェア独占に成功。他の特許発明品と合わせた累積売上高は360億円超。売上高50億円の事業譲受など自らの関与なしには発生しなかったNPVは1000億円を超えています。

     

    光コネクタクリーナーに関する特許出願件数は日本でも、世界でも未だにトップクラス。製品化された特許は大手通信企業の知的財産研修において、秀逸な特許明細書として教材に使われています。特許発明品はCisco systems社に採用され、現在も、世界中の光ファイバーネットワークで使われています。

     

    2013年以降、NTT 横須賀研究開発センター、NTT 武蔵野研究開発センター、NTT 厚木研究開発センター、NTT東日本、NTTグループ企業、そして、川崎市の産学官のインキュベーションセンター、総務省の施策推進に関わりが深い財団法人全国地域情報推進協会(APPLIC)へと、イノベーションのメソッド、ツールを展開。イノベーションの発現を促しています。日本のトップエンドを中心に依頼が続いています。

     

    2014年より「ビジネスモデル・ジェネレーション」の著者アレックス・オスタワルダー、イブ・ピニュール氏を顧問に、翻訳者の小山龍介氏を代表理事に、山本伸氏、岡田明穂氏、國井誠氏等と一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会の理事を務めています。

     

    私が関わった組織はその後、とても大きな変容、変革が起こります。

    私のワークショップで突然覚醒し、大きくキャリアをシフトされる方が後を絶ちません。

     

    今、大企業、組織どこにいるかに関わらず、リーダ、マネージャー、コンサルタント、ファシリテーター、マーケッターに求められているのは、儲ける事は当たり前で、新しいコンセプト、ビジネスモデルデザインで社会課題を解決し、目の前にいる人の自己実現を促せる事です。

     

    私はいちいち自己実現せよ!なんて、やってないし言ってもいない。ワークショップはHR系ましてや、スピ系でもない。ビジネスモデルデザインやイノベーション、マーケティングに関するものです。

     

    が....だけども、私と関わった組織は大きく変容し、私と関わった人は、触発されて、自己実現していかれます。

     

    会社でも、何人もの若手が「やりたい事が分かった!」と羽ばたいていかれました。

     

    誰でも知っているグローバル企業の研究所の所長も、上場企業の幹部も「自分のやりたいことが分かった!」とそれまでの輝かしいキャリアを捨てて、ご自身の道を見つけられました。

     

    ただ、ただ、それは起こり続けているのです。

     

    どうしたら、自己実現の道を見つけられるのか?

    その先、大切に想う人達にとっての自己実現、変容の灯火となれるのか?

     

    実は、それはテクニックでもメソッドでもスキルでもありません。

     

    在り方

     

    により起こるのです。

     

    組織の改革は時代とともに存在していくために必要になります。

    自己実現は、年齢に関わらないテーマです。

     

    変革

    変容

     

    自己実現

     

    それは難しいことの様に思います。

     

    だけども

    実はとても簡単な事から始まるかもしれない。

     

    三宅泰世と友達になってみる。

     

    それは掛け値なしであり

    同格で尊重に基づいた関係です。

     

    そんな関係からしか本当の変容も自己実現も起こりはしないのです。

     

    あなたに会える事を楽しみにしています。

  • Contact

    ワークショップ、コンサルティングのお問い合わせ